国語の自由研究

スポンサーリンク
国語の自由研究

日本史の故事に由来する歴史ことわざ【その3】天下統一編

日本の歴史上のできごとやいい伝えなどの故事に基づいたことわざが意外にあるものです。今回は「洞ヶ峠を決めこむ」「天王山」「三日天下」「小田原評定」と本能寺の変以後のことわざが登場します!第3弾は天下統一編です!!
国語の自由研究

日本史の故事に由来する歴史ことわざ【その2】戦国乱世編

日本の歴史上のできごとやいい伝えなどに由来する故事に基づいたことわざは意外にあるものです。今回は「元の木阿弥」「敵に塩を送る」「知らぬ顔の半兵衛」「敵は本能寺にあり」という戦国武将に因んだことわざが登場します!第2弾は戦国乱世編です!!
国語の自由研究

日本史の故事に由来する歴史ことわざ【その1】平安時代編

日本の歴史に由来することわざ。歴史上のできごとやいい伝えなどの故事に基づいたもの意外にあるものです。今回は「弘法にも筆の誤り」「弁慶の泣きどころ」「判官贔屓」を平安時代編として取り上げます。歴史と国語の同時学習として時代順に並べてみました!
国語の自由研究

江戸の庶民を絶頂へ導いた!井原西鶴のデビュー作『好色一代男』

井原西鶴の代表作『好色一代男』。日本史で習ったけど、どんな内容か知らないと思いません?それもそのはず、18禁本だからです。大正時代にはモザイク付きで読まれていたといういわくつき。世の男性にはぜひ読んでいただきたい、夢のハーレム列伝をとくとお楽しみあれ!
国語の自由研究

予言書だった宮沢賢治の童話!5作品に描かれた未来の世界とは?

宮沢賢治が予言者だったというのは知っていますか?宮沢賢治が見た未来の世界を童話の中で表現することで、現代にメッセージを送っているというのです。誰もが一度は読んだあの名作に隠された予言。宮沢賢治が伝えたいことは何だったのでしょうか??
国語の自由研究

代表作は浮気日記!?雨ニモマケズ石川啄木のクズエピソード!!

明治の歌人・石川啄木といえば、借金と病気に苦しむ清貧の歌人というイメージがあると思います。でも、実際の石川啄木はかなりのクズ人間だったのです。そんな石川啄木のクズエピソードをご紹介します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました