実際に行ってみた!1泊2日で巡る函館旅行フリープラン【費用公開!】

地理(日本国内)

(実施日:2019年3月21日・22日)

(2022年6月時点では、施設・お店の変更はありません。コロナ感染対策として、臨時の休業をしている場合があります。各関連サイト・ホームページの確認をお願いします。)

旅に出たい、くろーるです。

北海道では札幌に次ぐ観光客数第2位の都市・『函館』

北海道新幹線の開通で本州からも行きやすくなり、ますます観光都市として発展が期待されます。

歴史の浅い北海道でも、名だたる偉人にゆかりをもち、情緒あふれる北の港町。

札幌発の短期1泊2日で、しっかり名所を押さえつつ、名物グルメも満喫したい!

自分で行ってみたフリープランで巡る函館観光を公開します。

時間に余裕を持たせ、札幌発以外でも汎用性のあるプランで組んでいます!

  • 1泊2日の短い滞在でも函館観光を満喫したい!
  • 時間が無くても函館行ってきたよ!と堂々自慢したい!
  • ツアーでは体験できないちょっぴりディープな旅もしたい!
  • もちろん、函館グルメで満腹にしたい!

そんなわがままなあなたに贈るお手軽プラン!

札幌出発マイカー利用部分を、新幹線や飛行機に変更するだけで、すぐにマイプランに組み入れられます。

さぁ!函館でいっぱい遊びますよ!

1泊2日で函館フリープラン【旅行記1日目】

1日目は、昼頃に函館に入ります。

五稜郭→土方・啄木浪漫館→函館山の夜景を巡るフリープランです。

ランチでは回転寿司でヤリイカの握りを、夜は居酒屋で活イカを食べます。

イカ三昧の1日目です!

7:00 札幌出発 ※マイカー移動は省略

まずは、知的に函館の歴史を学びましょう!

14:00 Ⓑグルメ回転寿司『函太郎(かんたろう)』五稜郭店

遅めの昼食でお店も空いてる!甘いヤリイカの握りをほおばるよ!!

新撰組・土方歳三の最後!石川啄木の短歌に触れてみましょう!

16:00 ホテルチェックイン JR函館駅から徒歩5分:Ⓓ函館国際ホテル

ホテルチャックイン後は、徒歩と市電で函館山へ

交通経路:市電「市役所前」乗車 → 「十字街」降車

17:00 Ⓔ函館山ロープウェイで行く函館の夜景

日本三大夜景にウットリ!

18:30 Ⓔ函館山からロープウェイで下山

交通経路:市電「十字街」乗車 → 「函館駅前」下車

新鮮なイカの活造りに舌鼓!!

21:00 Ⓓ函館国際ホテル 帰着

ホテルの温泉を楽しんで就寝

1泊2日で函館フリープラン【旅行記2日目】

2日目は、函館朝市→元町エリア散策→お土産・グルメ三昧

塩ラーメンからカレーとラッキーピエロまで楽しむグルメ旅!

8:00 Ⓐ函館国際ホテル出発

Ⓑ函館朝市に向かいます!

朝から活いか定食で、またまたイカ三昧!

Ⓒ青函連絡船記念館を散策

10:00 ホテルチェックアウト

ハリストス正教会も八幡坂も観光できます!

12:30 Ⓔ函館公園

個人的な趣味で市立函館博物館へ

昼はやっぱり函館塩ラーメン!

14:30 五稜郭タワーに戻ってお土産購入 Ⓖ五島軒五稜郭タワー店

函館でカレー?いやいや函館だからカレーっしょ!

16:00 Ⓗラッキーピエロ七飯店

チャイチキで〆なきゃ函館旅行は終わらない!

17:00 帰宅の途へ

1泊2日で函館フリープラン!かかった費用はこちら!

(設定)夫婦+中学生の3人旅 1泊2日総額38,890円

※ホテル宿泊代・高速道路料金は含んでおりません。

 内訳はコチラ↓

  項  目  金  額(3人合計)
五稜郭タワー入場料2,480円
五稜郭駐車場料金400円
函太郎食事代5,000円
土方・啄木浪漫館料金2,200円
函館山へ市電料金630円
函館山ロープウェイ乗車料4,500円
函館駅へ乗車料金630円
いか太郎食事代11,000円
函館朝市食事代4,800円
元町駐車場料金400円
イギリス領事館入場料750円
元祖マメさん食事代2,500円
五島軒食事代2,200円
ラッキーピエロ食事代1,400円

まとめ:1泊2日で周る函館フリープラン実行旅行記を公開!費用も公開!

函館は手軽に楽しめる北海道旅行として人気の高いエリアです。

本当はゆっくりしたいけど、1泊2日しか日程がとれない人たちに活用していただきたいです。

出張のついでに函館を楽しみたい!修学旅行の自主学習のプランに!と参考にしてくださいね。

予算にはホテル代と函館までの交通費を加えていません。

ぜひ、自分の旅行プランに取り入れてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました