4時間勝負!大阪B級グルメをテイクアウトしながら観光旅

旅へのいざない

(旅行期間:2019年4月4日から4月7日まで)

(2020年8月現在、情報に変更はありません。但、コロナ禍の影響により営業時間の変更などは考えられます。各ホームページなどの確認をお願いいたします。)

旅に出たい、くろーるです。

3泊4日で関西を巡る旅をした、くろーる一族ですが、大阪を楽しむ時間は限られていました。

くろーる
くろーる

大阪といえば粉モンっしょ!

たこ焼?お好み焼?串揚げ?

どれかひとつになんて絞れません!!

持ち歩きフードを片手に観光しちゃうのが大阪スタイル。

4時間で大阪B級グルメを満喫しましょう!

大阪城公園→新世界→道頓堀と観光しながらグルメします!

大阪B級グルメ①大阪城公園のたこせんとしょうゆ味たこ焼

大阪城公園と大阪天守閣については、別記事でご紹介します。

関連記事:天守閣に向けて大阪城公園内を歩くだけ!大阪城への簡単アクセス

たこせん 200円

大阪ひとつめのB級グルメは、大阪城公園の「たこせん」

「JO-TERRACE OSAKA」にあった「たこ焼道楽わなか」でテイクアウトです。

勉強不足だったくろーるは、たこせんの存在を現地に行くまで知りませんでした。

えびのせんべい(たこのせんべいもアリ)でたこ焼を挟むというハンバーガースタイル!

大阪にいながら、思いきりアメリカンなんです。

バンズ代わりのえびせんに、たこ焼のソースとマヨネーズがよく合います。

くろーる
くろーる

大阪版のテリヤキバーガーやぁ~!?

大阪のソウルフードともいわれているというのも納得です。

外はパリッ!中はふわとろなところは、まさしくたこ焼の食感を再現しています。

食べているとたこせんの間を、下からソースとマヨネーズが垂れてくるところもテリヤキバーガーのようです。

テイクアウトして外で食べるために生まれたような「たこせん」なのです。

醤油味たこ焼き 500円

大阪のB級グルメの代表といえば「たこ焼」ですよね。

ですが、北海道でたこ焼といえば“ソース味”しか知りません。

“醤油味”たこ焼があることに、

くろーる
くろーる

びっくりポンや!

しかも、たこ焼と醤油がベストマッチなことにも、びっくりポン!

お腹は空いてるけど、あっさりしたものがいいなと思ったときには、醤油味たこ焼はちょうどいい具合です。

ちなみに、3泊4日の関西旅行中では、毎日必ず醤油味たこ焼を食べることになりました。

それほどのハマり大阪B級グルメだったのです。

大阪B級グルメ②新世界・通天閣と串かつの二度づけ禁止体験

大阪城公園をあとしたくろーる一族は、JRで「新今宮」へ。

串揚げの聖地・新世界へ向かったのです。

「新今宮」駅を降りるとそこはもうジャンジャン横丁

18時をまわり、まばゆいネオンが光り輝く中を、まずは通天閣を目指してテクテク歩きます。

そして見えてきたのは通天閣

高さはなくとも、ネオンのハデさは日本一!

やっぱりここは大阪なんだ~と思わせてくれる光景です。

福の神様・ビリケンさんに旅の無事を祈って・・・・・

って言っても、どこを見回してもニッコリ微笑むビリケンさんだらけ!

これだけビリケンさんがいるとありがたさも薄れるというものです。

さて、ビリケンさんと同じだけある串揚げのお店。

ズラリ並んだ串揚げ屋から選んだのは「串かつ むら藤」さんです。

くろーる
くろーる

有名店は混んでるし、ゆっくり楽しめなさそう・・・

でも、安くておいしい串かつは食べたい!

そんなわがままを叶えてくれそうという口コミを見て「むら藤」さんに行くことを決定!

お店が空いているのを確認して、カウンターの中の大将がちょっと怖そうなことも確認して店内へ。

大将
大将

カウンターへどうぞ!

愛想がいいわけでもないけど、悪い感じもしません。

くろーる一族3名は、カウンター席に通されて、まずはメニューを。

くろーる
くろーる

おおおっ!安っ!

 

牛カツ(100円)・ハムカツ(30円)・れんこん(60円)・白身魚(90円)にどて焼きを注文。

カウンターに置かれたソースは、二度づけ禁止なので、おもわず二度づけしないように注意して食べます。

サクッとしててうまい!

甘辛のソースはなめらかな味わいで、お腹に染みわたっていきます。

もう、ビールを飲まずにはいられません!

どて焼き(350円)も初体験でしたが、ビールによし、白飯にもよしということで、どて焼きおかわりも決定です!

追加には、紅ショウガ(70円)とプチトマト(80円)も注文してみました。

この紅ショウガとトマトも、ソースに意外に会うのです。

何事も挑戦してみると、新しい世界が開かれますね。

さて、もうひとつ。

店に入るときには怖そうに見えた「むら藤」さんの大将

でも、大将はとっても気さくでおしゃべり好きだったことが判明しました。

われわれくろーる一族が、北海道から来たことを知るとはるか昔に北海道旅をした話を聞かせてくれました。

大将
大将

串かつ屋始める前に、北海道1周したことあるで!

一緒に写真も撮ってもらって、いい旅の思い出になりました。

ここはテイクアウトではありませんでしたが、おいしい安い、そして居心地のいいお店で過ごすことができたのです。

串かつとビールで、1日目の旅の疲れが癒されたのでした。

大阪B級グルメ③発信地・道頓堀でお好み焼とノーマルたこ焼

たこ焼も串かつも食べたし、お腹も満足したし・・・

いやいや、まだまだ、くろーる一族の大阪の夜は終わりません。

地下鉄に乗り換えて向かった先は、大阪メトロ堺筋線「日本橋」駅

いよいよ大阪B級グルメのメッカ、道頓堀へ乗り込んだのです!

今、もっとも大阪の発展ぶりがわかるといわれる“道頓堀”

くろーる一族が道頓堀にやってきたのは、19時半も過ぎていましたが、大阪道頓堀の夜はこれからって感じです。

道頓堀といわれる通りは、東西約2kmくらいの長さになります。

その通りにたくさんの飲食店やお土産店などがひしめく繁華街です。

たこ焼もお好み焼も串かつも、大阪B級グルメのすべてが揃っています!

くろーる
くろーる

大阪で食い倒れていってや~

まずは、道頓堀の名所めぐりで腹ごなしです。

グリコの看板

くいだおれ太郎

見て歩くだけでも楽しい!!

さて、まだまだ食べたりない気分になってきたので、粉もん探しを始めます。

道頓堀たこ焼き発祥の店「本家大たこ」で、たこ焼をテイクアウトです。

そのまま、食べ歩こうと思っていたら、

店の中で食べてもいいですよ!

イートインコーナーがあるではないですか!

しかも、よくメニューを見るとお好み焼きもあります。

たこ焼とお好み焼を両方楽しめるところに、ひかれてしまいました。

歩き疲れた足を休めながら、肝心なたこ焼を味わいます。

外側はプニっとした食感に、中はトロっとしていて私は好みです。

ソースも辛めで、これも好み。

我慢ができずに頼んだお好み焼も、とっても美味しい!

見て楽しい、食べた楽しい、道頓堀の夜は最高なのでした。

まとめ:4時間勝負!大阪B級グルメをテイクアウトしながら観光旅

夕方からの大阪観光でしたが、大阪城からはじまって、通天閣・道頓堀とたっぷり楽しんできました。

お腹も大阪B級グルメで満たされて、くいだおれの一日です。

ちなみに、大阪城公園で食べた「だし醤油味のたこ焼」の味が忘れられず、帰りにホテルの近くのたこ焼屋でテイクアウトしたのはナイショです。

大阪へ行こう!:札幌発!3泊4日大阪USJ→京都→姫路観光フリープラン公開!

コメント

タイトルとURLをコピーしました