2021-08

スポンサーリンク
幕末・明治時代のわやなストーリー

一族全員自刃!女性・子供も戦いの被害に巻き込まれた会津戦争の悲劇

一族全員自害したもの、一家を殺し井戸に自殺したもの、たったひとり残された子供・・・戊辰戦争最大の激戦地となった会津戦争では見るに堪えない悲惨な現状が数々ありました。会津藩の人々が選んだ悲劇の道をご覧ください。戦場で犠牲になるのは弱き人々ばかりなり!
江戸時代のわやなストーリー

徳川家には災いを!もつものには非業の死!「村正」は名刀か?妖刀か?

徳川家を代々呪うとされた妖刀「村正」。本来は名刀として名高かった刀が、いつから妖力をもつ刀とされたのでしょうか?しかも、「村正」はこの刀をもつものの命さえ奪う力を持っているのです。「村正」に秘められた呪いの力がどのようななのでしょうか?決して「村正」を持ってはいけない!?
幕末・明治時代のわやなストーリー

死体からつくる薬と刀の鑑定で稼いだ“首切り”一族・山田浅右衛門

“首斬り““死刑執行人”といわれた一族・山田浅右衛門。罪人を処刑する仕事を一手に引き受け、その首斬りの技術を代々引き継いできました。一方で、処刑後の死体を使って稼ぐという一面も。他人の嫌がる仕事をすることが商売になるという特異な仕事をご紹介!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました